院長挨拶
院長ご挨拶

 私は大学卒業後、眼科専門医として大学病院および総合病院に40年勤務しました。後半の20年はさいたま赤十字病院で、白内障、緑内障、網膜剥離、糖尿病網膜症、眼腫瘍など様々な目の病気の診療に携わってきました。
 当院ではこれまでの経験を地域で活用することを志し、あらゆる目の病気に対応いたします。眼腫瘍については、現在数少ない専門医の一人として多方面からのご紹介をいただいており、眼腫瘍の手術では多数例の実績を得ております。
 基本的に目の病気をみるとともに患者さん個別の環境、ご本人・ご家族の希望などを考慮し、最善の治療を提案いたします。

小島孚允(こじまたかよし)
略歴
昭和40年 埼玉県立浦和高校卒 小島孚允(こじまたかよし)
47年 群馬大学医学部卒
  東京大学眼科入局
50年 大宮赤十字病院眼科勤務
61年 帝京大学市原病院眼科助教授
平成 3年 大宮赤十字病院(現さいたま赤十字病院)   眼科部長
14年 さいたま赤十字病院副院長
24年 小島眼科医院院長
   
兼任 埼玉医科大学眼科客員教授
所属学会 日本眼腫瘍学会顧問
  日本眼科学会
  日本眼科手術学会
  国際眼腫瘍学会(ISOO)